きっポグ

- kitposition's weblog -

Unity Asset Portalの企画に挑戦してみた~その2~

 前回に引き続き、Unity Asset Portalの「お題にチャレンジ!」に応募した作品の制作記です。前回は構想を練る過程と素材となるアセットを紹介しましたが、今回はいよいよ制作編です。

応募作品:『出撃前夜』

f:id:kitposition:20171113230152p:plain

他の全応募作品はこちらで見れます。

続きを読む

Unity Asset Portalの企画に挑戦してみた~その1~

 Unityゲーム開発者のみなさんは、もちろん「Unity Asset Portal」はご存知ですよね?僕は全然知りませんでした
 このサイトはUnity日本法人の公式サイトの1つで、Unityのアセットに関連する様々な情報や企画が集まっています。

 で、先日からサイトの企画として「お題にチャレンジ!」というのが始まっていて、第1回は「夜の工場の情景をアセットで再現してスクショで撮る」というもの。コードを書くのがとっても嫌いな僕にはぴったりの企画です。あとこういう初物ってそそられるんですよね。Unity1週間ゲームジャムも初回だけ参加したしw

 そんな訳でほぼ即決で参加してしまいました。投稿した作品はこれです。

タイトル:『出撃前夜』

f:id:kitposition:20171113230152p:plain

 なんとおかげさまで記念すべき第1回の大賞をいただきました!(賞があることもメールをもらうまで知らなかったのですがw)という訳で、今回はその制作記です。

続きを読む

驚異の全部入りAVG制作支援ツール「Adventure Creator」オーバービュー

この記事はUnity アセット真夏のアドベントカレンダー 2017 15日目の記事です。

前日の記事はbaba_sさんの
Project ビューのフォルダを彩る「Rainbow Folders」紹介」でした。
これはMacのラベル機能を愛用してる人には特に便利ですね!

baba-s.hatenablog.com

2017.09.03追記

 「Adventure Creator」の英語チュートリアルを翻訳しながら実際にゲームを制作して解説している凄いブログを見つけました!しかもとても丁寧に説明されている!僕のブログの続き読むよりこちら読んだ方がいいですよw

(ブログ主は@corevale_comさんです。AC以外の記事もありますよ!)

corevale.com

はじめに

 今回ご紹介する「Adventure Creator(以降AC)」は、名前の通りアドベンチャーゲームAVGの制作を支援するアセットです。


Adventure Creator: Trailer 2

 AVGという単語の意味する範囲は広く、日本では「ポートピア連続殺人事件」などの推理ゲーム恋愛アドベンチャーノベルゲーム、更にスマホアプリ界隈で現在ブームの脱出ゲームなどもその範疇に含まれるでしょう。
 ACはそうした様々なAVGを作れてしまうとにかく機能豊富なアセットで、私も現在制作中のゲームで使用しています。いつかはご紹介したいと思っていたのですが、あまりに機能が多いのでまじめに全部説明していたら1年くらいの長期連載になることは間違いなく、なかなか書けずにいました。
 そこで今回は個々の機能の操作を説明するのはやめ、このアセットでどんなことができるのか、という簡単な紹介にとどめます。それでも少々長いですがよろしければお付き合いください!

続きを読む

【Unity】unityroom 1週間ゲームジャム出品作「こはくちゃんズのファイアごっこ!!」を解剖してみる~その2

 前回に続き、Unityゲーム投稿サイト「unityroom」さんの「1週間ゲームジャム」への出品作「こはくちゃんズのファイアごっこ!!」で使ったUnityの機能についてご紹介します。ゲームはunityroomで公開中なので、ぜひ遊んでみてください。

「こはくちゃんズのファイアごっこ!!」

f:id:kitposition:20170503120833p:plain

 今回は、このゲームで使用しているアセットの1つ「Final IK」についてご紹介します。価格は90$とお高いんですが(僕は半額セールの時に買いました)、それに見合った機能を持つオススメアセットです!

 (本記事執筆時点のバージョン:Unity 5.6.0f3)

続きを読む

【Unity】unityroom 1週間ゲームジャム出品作「こはくちゃんズのファイアごっこ!!」を解剖してみる~その1

 

 Unityゲーム投稿サイト「unityroom」さん*1が「1週間ゲームジャム」という企画を立ち上げたということで、1週間でゲームを作って出品してみました。しんどかったーw

 今回主催から提示されたお題は「跳ねる」。すぐに浮かんだのが約30年前に発売され、子供の頃遊んだ「ゲーム&ウオッチ*2の名作「ファイア」です。今回出品した作品はこの「ファイア」をモチーフにしてみました。そもそもファイアというのは…と語りだすと止まらないのでまたの機会にして、知ってるおっさんも知らない人もぜひunityroomに行って遊んでみてください。

「こはくちゃんズのファイアごっこ!!」

f:id:kitposition:20170501202326p:plain

 今回からこのブログで何回かに分けて、このゲームで用いたUnityの機能や得られた知見等について紹介しようと思います。

【2017.11.12追記】本ゲームで使用した全アセットの一覧と簡単な説明を記事末尾に追加しました。

 

*1:運営しているのはあの人気スマホアプリ「太陽人間」のプログラマーで、天才カエルとして知られるnaichiさんです

*2:すごくどうでもいいけどゲーム&ウオッチの「オ」は大きい「オ」です。ググると「もしかしてゲーム&ウォッチ?」とか言われることがありますがGoogleのたわ言に惑わされないように。ちなみに妖怪ウォッチは小さい「ォ」です。

続きを読む

【Unity】「ユニティちゃんでドラゴンボールっぽいやつ」をCinema Directorで作ってみた~その1~

 Cinema Directorは、Unityのエディタ上でカメラの動きその他をビジュアル的に制御し、コードを書くことなくカットシーンを作成できるアセットです。定価が60ドルとやや高いのと、Unity5.5以降でカットシーン作成機能が標準搭載されることが既にアナウンスされていたため、購入を迷っていました。
 が、ふと気づくと、サマーセールと銘打って半額の30ドルになっている(執筆現在継続中)!思わずポチってしまいました。

Cinema Director - Cinema Suite Inc

f:id:kitposition:20160828212633p:plain

 本当は先日のアセットストア花火大会の動画の時に使えていればよかったのですが、実はもう一つ、「何となくドラゴンボールっぽいバトルシーンをUnityで作ってみたい!」と前から思っていたので、試用を兼ねて挑戦してみることにしました。

 なお、このCinema Directorを含めた4つの動画系アセットをセットにしたThe Cinema Suiteという商品もあり、こちらも通常129ドルのところ執筆現在半額の65ドルです。資金に余裕のある方はこっちを買ってもいいかも。

続きを読む

【Unity】アセットストア花火大会に参加してみた!その3

 前々回前回に引き続き、アセットストア花火大会参加作品で使用したアセットを紹介していきます。といってもあと2つですので、今回が一応最終回です。

 作品は動画としてYouTubeに公開していますので、ご覧いただけると嬉しいです。

続きを読む